スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

本日の糠漬け

本日の糠漬けは…………!!


切り干し大根!!です

太陽の光を燦々と受けて、うまみを凝縮した切り干し大根
生の大根とはひと味違って、甘みがつよい

糠床の水分が多くなって来たので、投入した切り干しですが
あまりにも美味しいので、本日切り干し大根を糠どこに追加しました
只今、糠床には大根と切り干し大根が入っております

明後日には食べごろになるかな

楽しみ、楽しみ




糠床だいぶ育ってきました
小さい野菜なら一晩でさっぱりとした浸かり具合
2日以上つけ込むと、酸っぱさとうまみの、ぎゅっと詰まった美味しい糠漬けが出来上がるようになりました。
かき混ぜた手が糠漬けの良いにおいに染まります
やめられない



 JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

糠漬け日記

順調に我が家の糠床は育っています
さっそく人参をつけ込んで食べてみました
塩を摺り込んだ人参を漬ける事2日

味わいも深くなって来て美味しい
日に日に味わいも深くなって来ている

明日は大根を取り出そう
わくわく



写真は糠床と捨て漬け用の野菜くず

Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

糠漬けはじめました

日本の主食はお米

玄米を精製するときに出る糠を利用した糠漬け
日本のソウルフードの一つ

現代はスーパなどのお惣菜コーナーでも買う事が出来るけど
せっかくだから自分で作ってみよう

まずは米ぬか
近くのお米屋さんに行けばもらえるはず
りょうは近所で行きつけの八百屋さん真澄屋さんで調達
(オーガニックとか無農薬がおすすめです)

この米ぬかを生糠で行くか?煎り糠にするか?
悩むところ....
煎り糠はフライパンで生糠を煎るだけ、手入れが簡単になるけど風味がヘル
生糠なら糠の風味も、生きてくるけど痛みやすい

ここはせっかく新鮮な生糠を手に入れたので生糠で勝負します


ぬか床の準備は
まず糠に対して15%の塩水を作る
沸かしたお湯に塩を入れて冷ます

糠を容器に入れて冷めたお湯を入れて行く
(容器は琺瑯とか瓶が良いのだけど、以前使っていた琺瑯の容器が見当たらないので、今回はタッパーで....)

糠とお湯をよくかき混ぜてお味噌位か耳たぶ位の柔らかさにします

出来上がった糠床に昆布と鷹の爪をいれ、野菜のくず(夕食の野菜の切れ端など)
を入れて表面を慣らして周囲をきれいにすれば完了

容器を冷暗所に置いておきます
(冷蔵庫でも良いけど発酵が遅れる)


後は毎日毎日底からかき混ぜてあげるだけ
さぼるとカビが生えたり、腐ったり
糠床は生き物です
ちゃんと手をかけてあげましょう

糠床を作ってから4日目
まだまだ味に深みが出てこない
野菜もくず野菜で捨て漬け中
(捨て漬けは1週間から10日位)



Posted by Stray Sheeps | comments(2) trackbacks(0)
<< 2018年12月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フットプリント

より大きな地図で Round the world を表示
PROFILE
LINKS
OTHERS