スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

業務連絡(アメリカ行きの飛行機の時間)

業務連絡です
メールの送信がうまく行かないのでブログで伝えます 

アメリカ行きの便名と時間

8月28日
ロンドン(12:50)〜シカゴ(15:25)
AA047

シカゴ(18:25)〜サンフランシスコ(20:55)
AA1561

サンフランシスコ到着は20;55
ターミナル3です

入国はシカゴで行う予定

アメリカ入国後(サンフランシスコで)日本の携帯電話をスイッチオンにします
番号は+81 (O)8O 4O91 1413です



以上




JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(3) trackbacks(0)

明日はアメリカ

ヨーロッパの旅も残すところあと一日
明日いよいよアメリカ大陸へ

久しぶりのロングフライト
サンフランシスコまでひとっ飛び

最後のロンドンライフは大英博物館へ
(これを書いている時はまだカフェでのんびり中これから行ってきます)

最後にパブでビールとフィッシュ&チップスかな
ただ残金ただいま20ポンドほど(2000円ちょっと)

贅沢できない...
ロンドンは今度また詳しく書きます
(後で詳しくと言いながらいつも書いてないな〜。)


ばいばいヨーロッパ

JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(2) trackbacks(0)

巨石文明の痕跡

エジプトのピラミッドは大きかった
あれだけの石をどうやって運んだのか???
謎は深まる

その謎が解けぬまま新たな謎に出会ってしまった...

スタンステッドからロンドン市内へ
バス停にストーンヘンジのツアー案内が....

明日行こうと考えていたのだけど、午後のツアーに間に合う
急遽予定変更でストーンヘンジへ

ストーンヘンジは約5000年前にできたらしい
アングロサクソン(ローマ人)が来たときにはもうそこに有って、
なんの建物かはすでに伝説の中になっていたらしい

未だにその存在意味も利用目的もわからない
ただ300km離れたところから数十トンの石を運んで来たのは確か

それを円形に並べて、さらに穴を開けたり出っ張らせたりして、
つくってある

現物を見るとピラミッドとなんらかの関係性を考えてしまう
時期といい、石を使う。それもとんでもなく大きいものを...


人類はまだまだ不思議が一杯だ


 JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

再びロンドン

ロンドンに帰ってきました
といってもロンドン市内ではなく
ロンドンからバスで一時間ほど北東にいったスタンステッドという場所

約半年ぶりにクリスティナに会うため
クリスティナとはニュージーランドで仕事を一緒にして、毎日一緒にご飯をつくって食べてビールを飲んでパーティをして....

楽しかったな〜...


さて彼女はドイツ人なのだけども、丁度ロンドンで職を得てスタンステッドで働いている
(馬の獣医さん)
うちらがドイツに行ったときはロンドンに引っ越した後で会えなかった
今回時間もあったので再開することに

半年ぶりとは思えない
数週間前に別れたような気になる

一緒にご飯を食べてビールを飲んで旅の話や、ニュージーランドの話などなど

彼女の家に2泊させてもらってのんびりと過ごす
スタンステッドの空港から車で10分ほどの場所
全然騒音とか無くかわいらしい街並が続く
(といっても歩いてまわれるくらいの大きさ)



のんびりした後はロンドンへ






 JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

旅をする本プロジェクト

プロジェクトとかいいながらりょうの個人活動なのですが....

ただいま本を旅させています

ユースホステルやバックパッカーには読み終えた本を交換する本棚があるところが多い
その名もブックエクスチェンジ(Book exchange)
世界中からいろいろな人が読み終えた本をそこにおいて、また新しい本を持って行く
まるで本が旅をするように....


そこでりょうも読み終えた本をエクスチェンジに置いて
また新しい本を手に入れて
読み終えたらまたエクスチェンジに置いて....


その本がどこかを旅して再び出会える日があるかもしれない
または古本屋で売っているかもしれない
もしくはず〜っとそこに居続けるかもしれない

思わぬ場所、国で前に読んだ本との再開
そのために本に旅をさせよう

ニュージーランドから始めてヨーロッパなどなどに
日本から持って来て読み終わったら置いて来た


もしどこかで旅をする本を見かけたらご一報ください
(ほとんど日本語の本です)




 



JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(2) trackbacks(0)

ワーズワースの愛した土地

ワーズワースと聞いてピンと来た人
りょうはワーズワースの庭を思い出した
高校時代にフジテレビでやってた番組

でもこのイングランドではワーズワースといえば詩人
そのワーズワースが愛した地
湖水地方
沢山の湖とそれを取り囲む草原の丘
石造りの家々が点在していて
羊と牛がのんびりと草を食む
そんなところ

特に予定も決めずに来たけども
雨と曇りが続く晴れた日を狙ってトレッキング
気がついたらもう4泊している

初日は雨
宿で一緒になった人といろいろお話をして過ごす
夕方からさらに他の人も一緒になり地ビールをごちそうになる
イングランドはエールビールが多い
普通にビールというとラガービール(日本に多い)
一回地ビールはある?と聞くと無いという
でも地エールはあるよといわれた

ビールとエールは違うらしい....

さて湖水地方の地エール
タップで注ぐのだけどもこれが手動
溢れさせてはまた注いで行く
しかもこれがぬるい

このぬるさがまたイングランドのエール


2日目は曇り
朝からトレッキングへ
グラスメアの湖をぐるりと一周
ゆっくり歩いて7時間
久しぶりに歩いた

3日目は晴れ
この日もトレッキング
400mほど登って丘の上へ
登りはきつい、ふうふう言いながら登る
眺めがすばらしい
ウインダミアの湖を一望
その後は街までなだらかな丘を行く
羊がかわいい、ヤギだか羊だかわからないのもいる
外人もゴート?シープ?といっていた

4日目は再び雨
宿でのんびり写真整理などをして
コーヒーでも入れようとキッチンへ行くと
突然宿の火災警報機が鳴り響く
全員表に退避....
でも表は雨
皆ぬれながらも成り行きを見守る

10分ほどして異常無し、中に戻る

雨も小雨なので街へ(徒歩で15分かかる)
お気に入りのカフェでランチ
Digging goose cafe
ここのスープはおいしい
3日通ってしまった


雨が降ったり曇ったり
晴れた日ばかりが旅ではない
たまにはのんびりしなさいということかな....

明日は電車でロンドンへ




 




JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

雨雨曇り雨時々ハレ

ネス湖のインバーネスからオバーンという街へ来ました
オバーンはスコットランドの島々へ行くゲートウェイ

これから島へ渡る計画をしていたのだけども
スコットランドは今日も曇り時々雨、そんで時々晴れ
しかも島の宿は満室

という事で予定変更


これからグラスゴーへ
グラスゴーには行ってみたいミュージアムがあるのです
それは教会が運営しているのだけど展示内容はキリストからイスラム果てはインドの神様まで
これは興味そそられる

その後イングランドの湖水地方へ向かいます 




JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)

ついに発見 ネス湖に住む....

ネス湖といえば世界的にも有名な生き物
そうその名もセッシー

間違えた...ネッシーでした

ついにその姿を写真に.....


というのは冗談
街に飾ってあった写真です

実物はこちら


いや〜ついに発見してしまいました

このネス湖細長くて静かな湖面をしている
実際にいないかな〜と目を凝らしてみたけども観光用フェリーしか見えない

ちなみに小さな村に観光案内所とかあるのだけども
湖から離れていてぜんぜん見れない

なぜこんなところにという感じ

ネス湖を見たければ数キロ先にあるお城跡までいくと湖がよく見える
街はネッシー一色
キャラクターものが溢れている
しかも蛇の形をしたネッシーや恐竜ぽいのやら
いろいろなネッシーが....

色もいろいろ

ネッシーも見れたし今日から南下して行きます


 JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(1) trackbacks(0)

人生で初の砂漠生活

今回エジプトでお世話になった宿ベニス細川家
その宿でお願いしたツアー
普段はツアーとかあんまり使わないのだけどさすがに砂漠は個人では行けそうにないので...

この砂漠がすごい
エジプトの西に広がる黒砂漠と白砂漠を行き
そこで一泊するというツアー

さて朝宿から日本人総勢10人で出発
ツアーの出発地点までバスで4時間
ところがバス停に着くとなぜかうちら2人だけが残される...???

なんと手配ミスで8人分のバスしかとれなかったらしい
急遽ローカルの乗り合いバスに乗って行く事に
ここで他のメンバーと別れて2人はローカルバスの乗り場へ...

これがバスというか.....
ハイエースです!!
しかもエアコンないので窓全開

宿の人が行き先とお金を払ってくれたらしいので
うちらは終点まで乗って行けば良いらしい
(らしいというのはうちらは一切アラビア語喋れない、車内は100%アラビア人)
どきどきの4時間バスツア

なんとか目的地に到着
他のメンバーと無事合流

昼食を食べていよいよ砂漠ツアーへ
と思ったらその前に昼寝タイム

なんだか夕方になって出発

砂漠の中を爆走するランドクルーザー
100km以上のスピードです

こんなんで黒砂漠、白砂漠と走り抜け
途中で水の湧き出る場所へ
突然の砂漠のプール
パンツ一丁で飛び込みます
(なみや女性陣はアラブの手前自主規制)

さて今イスラムはラマダン(断食)中
日の出から日の入りまで何も食べられないし飲めない
運転手さんも同じ

ずっとのどが乾いたとかお腹が空いたとか嘆いていたけど...
やっと日没
車を路肩に寄せてナツメヤシとジュースを流し込む



その後砂漠でご飯&寝床造り

こんなところに雑魚寝

いや〜本当に☆がきれい
流れ星や天の川がよく見える

みんなで寝そべって空を見上げて、感性をあげてました

本当に音の無い世界
風の音と自分たちの声以外何もない

夜空を見上げて☆を見ながらそのまま寝てしまい
朝起きたらそれが真っ青な空に変わっている
それを見た時に寝る前に見ていた星空が夢だったのか?
なんて思ってしまう



一緒になったメンバーもみんな面白い人ばかりで
面白い話を聞かせてもらった

砂漠はすごい



 JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(1) trackbacks(0)

エジプト500年の歴史

今回の旅の目的地の一つ
世界7不思議の一つでもあるピラミッド
ついにその姿を目の前に見てきました


遠くからでも見える三角形
存在感がすごい
石の一つ一つが大きい



ここに来るまでにいろいろな本を読んでいたので
妙な考えが頭をよぎる

確かにこの建物は人工物で自然にできた物ではない事は確かだ!!
でも多分、今の人間の系譜によって造られたものではないと思う

今回は朝寝坊してクフのピラミッドには入れなかった
でもカフラー王のピラミッドには入った
お墓と考えるとシンプルすぎる
博物館でみたお墓やその他の物と比べると装飾もいっさい無いし
多分違う人が造った感じがする

まぁこれは想像だし、いろいろな意見があるけど....
うまくは説明できないし、人を納得させる証拠がある訳ではないけど...

多分もっと古い建物だと思う

ちなみに参考文献として
神々の指紋という本を高校時代に読んでからピラミッドは何か引っかかっていた
実物を見れて良かった



でも想像よりも小さかった(期待が大きすぎたのか??)
あと風化が思いの他ひどく近くで見ると結構ぼろぼろだった
内部もエアコンが置いてあったり、一部物置になっていたり、
さすがエジプト人って感じだった....
 


JUGEMテーマ:世界一周旅夫婦
Posted by Stray Sheeps | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年08月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フットプリント

より大きな地図で Round the world を表示
PROFILE
LINKS
OTHERS